【ロンドン】リージェンツ・パーク~イギリスを代表するバラ園

イギリス

ロンドン市内北部に位置する王立公園リージェンツ・パーク(英名:The Regent’s Park)は、英国を代表するバラ園が有名、約1.2万本の色取り取りのバラが咲き乱れる光景は、見る者の心を揺さぶります。またバラの香りも辺り一面に拡がっており、リフレッシュ効果も抜群!

この他のおススメな見所と併せてご紹介します。

【公園地図】出所:The Royal Parks

【最寄駅】地下鉄リージェンツ・パーク駅、地下鉄ベーカー・ストリート駅

スポンサーリンク




スポンサーリンク




クイーン・メアリーズ・ガーデン

クイーン・メアリーズ・ガーデン(英名:Queen Mary’s Garden)は、公園中央の南側に位置する丸型の公園です。壮麗なジュビリー門(英名:Jubilee Gates)を抜けると、左右一面に約1.2万本のバラが植えられています。尚、クイーン・メアリーとは、イギリス国王ジョージ5世(現エリザベス女王の祖父)の王妃です。 

ジュビリー門

ここのバラ園はとにかくスケールが大きく、区画毎に一種類のバラが所狭しと咲き誇り、それが約85区画あると言われています。花弁の大きさ、色、香りなど、ご自分のお気に入りの一種類を見つけるのも楽しいものです。

例年、見頃は6月初旬。その年の気候によって多少変わりますが、早咲き・遅咲きの種類もあります。観光ツアーにこの場所が組み込まれているケースも多く、日中は大賑わいとなりますので、オススメは朝一です!

アベニュー・ガーデン

アベニュー・ガーデン(英名:The Avenue Gardens)は、公園の東南端に位置し、公園を貫く歩行者道路ブロード・ウォークの両側に整然と植えられたイングリッシュ・ガーデンが有名です。ここは何かの撮影場所としても使われたりもするほど、雰囲気の良いガーデンです。

また南端には桜も植えられており、春先にはちょっとしたお花見気分も味わえます。日本のお花見と異なり、何か食べているとリスが寄ってきたりもします。

プリムローズ・ヒル

プリムローズ・ヒル(英名:Primrose Hill)は、公園北端に位置する展望台(海抜63m)です。ここからはロンドン市内の景色が一望できるので、展望台の周辺には多くの人が集まり、芝生の上で思い思いの時間を過ごしています。ピクニックにも最適です。

その他のオススメ

これ以外にも、ロンドン動物園(英名:London Zoo)や、夏場の野外コンサート(英名:Open Air Theatre)、またカムデン・タウンへ通じるリージェンツ運河沿いの遊歩道など、見所はいくつもあります。お時間があるようでしたら、是非、お楽しみ下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました