【ドイツ】世界遺産・ライン川沿いの絶景トレッキング ~4日目~

ラインシュタイク(ライン川高所道)

ドイツ・ヴィースバーデン~ボン間を繋ぐ全長約320kmのロングトレイル、ラインシュタイク 。トレイル開始4日目は、赤ワインで有名な町アスマンスハウゼンからヘッセン州西端のロルヒハウゼンまでの約18kmです。今回の見所は世界遺産登録された中世古城群です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




アスマンスハウゼン~丘の上

今回の出発地点はアスマンスハウゼンの鉄道駅。ここからラインシュタイクの黄色いマークを辿っていきます。アスマンスハウゼンには、中世の街並が色濃く残っているほか、ワイン酒場も見かけます。そう、ここはラインガウ地方では珍しい赤ワインの有名産地。ピノノワールというブドウ品種の栽培が盛んで、日当たりの良い斜面一面に見事なブドウ畑が拡がっています。

さて、教会横からラインシュタイクの本線(青色マーク)に戻ります。ワイン畑に沿って林道を進み高度を上げていくと、眼下には谷間からライン川に向かって拡がる美しいアスマンスハウゼンの町が一望できます。

対岸には、本日最初の中世古城群の一つ、ラインシュタイン城が威風堂々とそびえています。ここは見学可能、結婚式会場としても使われているようです。ブドウ畑の中を更に進んでいくと、次は森林コースです。このやや狭い山道を進みます。

丘の上~森林コース・トイフェルスカドリヒ

気持ちの良い森林コースに入りますが、所々にライン川を一望できる休憩箇所があります。コースから少し寄り道をして、見晴らしの良いベンチに座ると、対岸には本日2つ目となる中世の古城ライヘンシュタイン城が!こちらは1つ目のお城と異なり、盗賊の根城として使われていたこともあるようです。

ライン川渓谷中流上部に位置するこの辺りは、世界遺産に登録された中世古城群が有名です。実際に歩いてみると、次々に出現する古城群を楽しむことが出来ます。また美しいライン川と古城群の絶景を満喫できるこの区間には、休憩用のベンチも多数設置されており、ランチの場所選びに困ることはないでしょう。もっとも休日には、ハイカーでベンチの奪い合いとなることも!?

さて、ライン川の行く手には、次の目的地であるロルヒの町が見えてきました。

森林コース・トイフェルスカドリヒ~ロルヒ

見晴らしのよい林道からは、対岸のトレヒティングスハウゼンの街並が一望できます。またその奥には、グレーワッケと呼ばれる広大な硬砂岩の採石場、更にその脇には本日3つ目となる中世の古城、ゾーネック城が見えます。この城は2つ目のお城を防衛するために築城されたこともあって、こちらも盗賊騎士達の根城として使われた時代があるようです。現在は見学可能なようです。

ここまでくれば、ロルヒの町はすぐそこ。道を下っていくと、町の中心に位置する古い教会の前にでます。この教会は1270年頃に建立されたカトリック教会です。見所は高祭壇の彫刻(1483年製作)とパイプオルガン。オルガンの中には、リースリングワインとグラスが入るらしい!?

教会を後にして、綺麗な小川を渡り先へ進むと木彫りの標識が見えます。ここから最後の登りに入ります。

ロルヒ~ロルヒハウゼン

丘の上まで登ると、ここからロルヒの町を一望出来ます。また対岸の谷間にはラインティーバッハの町が拡がります。そしてその中に、本日4つ目の古城、フリュステンベルク城があります。トレイルの進路上にも古城が出現します。本当に今日は中世古城群を満喫出来ました。

のんびりと下っていくと、今日のゴール地点、ロルヒハウゼンの町が見えてきます。この鉄道駅で今日のトレイルは終了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました