【TMB3】ツール・ド・モンブラン~大人気ロングトレイル~3日目

ツール・ド・モンブラン
スポンサーリンク

フランス、イタリア、スイスの国境を越えて名峰モンブランの周囲を一周する約180kmのロングトレイル、ツール・ド・モンブラン(TMB)。雄大な山塊・氷河を間近に眺め次々と国境・峠を越えていくこのコースは、ヨーロッパ・アルプスのトレイルの中でも大人気!今回はトレイル3日目の概要をお届けします。

レ・コンタミンヌの町からバルム小屋へ

ツール・ド・モンブラン3日目は、レ・コンタミンヌ(Les Contamines-Montjoie)からボンナム小屋までの(Refuge Bonhomme)までの約15kmのコース。このコースは序盤のハイライトとも言える絶景コース。登り・下りとも1,000メートルを超え、いよいよ本格的なトレッキングのスタートです。

レ・コンタミンヌの町を出発、はじめは平坦な道が続きます。教会で旅の安全を祈願しつつ、神秘的で荒々しい清流にかかる石橋を渡り神聖な気持ちで先へ進むと徐々に山間部へ分け入っていきます。登りが続く中で、開店準備を始めた山小屋の一角を拝借、ここで朝食をとります。パン、チーズ、ハムの定番セットですが、早朝トレッキングを経て素晴らしい絶景に辿り着きこれを食べると、格別の味です。

ここからしばらくの間、比較的緩やかな登りとなり、また遥か先まで見渡せる絶景が拡がります。ここは、この山旅を通じて屈指のおススメポイント。この区間だけ歩いても十二分に楽しめます。時間を忘れるくらい満喫、あっという間に最初の目的地、バルム小屋へ到着。本当に気持ちの良い、大満足のトレイルでした!

バルム小屋からボンナム峠越え

バルム小屋で小休止した後、もうしばらくこの絶景を楽しみながら進みます。これから峠越えが待ち受けていますが、それは暫しの間忘れて目の前の景色に見惚れます。ここも本当に素晴らしい。

高度を上げていくにつれ、気温が下がっていくのを感じます。辺りをみればあちらこちらに残雪が。雪遊びを楽しむハイカーも結構見かけます。目指すはボンナム峠。峠越えもこのロングトレイルの楽しみの一つ。はじめは峠すら見えませんが、徐々に峠の全貌が視界に入ってきて、気づけばあと少しで峠に到着!これを超えて先へ進み、ふと振り返ると遥か遠くに先程超えた峠が見える。懐かしさすら感じつつ、また次の峠越えを目指す、この繰り返しが何故か楽しく感じます。

脱線しましたが、最後の雪道を乗り越えて、なんとかボンナム峠に到着です。

ボンナム峠からボンナム小屋へ

ここまで来れば、今日の宿泊先ボンナム小屋まであと一歩。再び少し登った後、ちょっと下ればもう到着です。ここでは夏の雪景色が楽しめます。この宿からは、数あるTMB宿泊先の中でも、屈指の絶景が望めます。朝晩は当然結構冷え込みますので、温かい上着が必須。

TMBの序盤はここまで。序盤最終日は、本格的なトレッキングがスタートした日でもあり、前2日間とは異なりヨーロッパ・アルプスのトレッキングらしい景色が楽しめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました