【オランダ】キューケンホフ公園~2022年GWチューリップ開花情報(5月初旬)

オランダ
スポンサーリンク

チューリップの公園として世界一有名なオランダ・キューケンホフ公園が、2年間に及ぶコロナ禍の閉園期間を乗り越えて2022年に再開園しました。春先の8週間だけ開園する春の花の公園には、32ヘクタール(東京ドーム約7個分!)の敷地内に約700万本が咲き誇ります。2022年5月初旬の開花情報です。

概要

キューケンホフ公園が開園してから73年目となる2022年は、コロナ禍の影響で完全閉園した2020年、6日間のみの限定開園を行った2021年を乗り越えて、2年ぶりの全面開園となりました。

32ヘクタール(東京ドーム約7個分!)の敷地内には、例年通り約700万本のチューリップを中心とした春の球根花が咲き誇っています。2022年は、生産・輸出業者約100社が地植えでの展示に参加し、また生産者約500社が20ものフラワーショーで切り花や鉢花を展示しています。

詳しい場所や、公園全体の概要はこちら→【オランダ】キューケンホフ公園~チューリップの殿堂!
2019年4月初旬の様子→【オランダ】キューケンホフ公園~2019年チューリップ開花情報(4月初旬)

見頃の時期

開園(3月中旬)から閉園(5月中旬)までの8週間のうち、いつが見頃でいつ行くのがよいか。2011年に初めて訪れて以降、その後幾度となく時期を変えて通った経験としては・・・。

まず、開園期間中であれば、広大な園内に開花時期の異なる多様な種類の花々が展示・植えられているので、いつ訪れても見ごたえ十分です。代名詞のチューリップに関しては、地植えの花が見頃を迎える4月下旬から5月初旬のゴールデンウィーク前後が最適と思います。勿論、地植えの花なので、その年の気温状況にも左右されます。なお、2022年については、春先の気温が例年よりも温暖だったようです。

一方、室内にある貴重な新種や珍しい品種の展示は、開園直後の早い時期が見頃で、5月に入ると既に大半が刈り取られていました。また、公園の周りには出荷用のヒヤシンスやチューリップの広大な畑がありますが、これらも5月には既に出荷済みであり、一面の花畑を見るには遅すぎました。

屋内に展示されているフラワーショーに関しては、長期間開催されている蘭(主に胡蝶蘭)に加え、今回のタイミングで開催されていたアマリリス、トルコ桔梗の展示が素晴らしかったです。これは毎年内容も変わりますので、行ってみてのお楽しみでしょうか。

5月初旬の開花状況

正面入口付近

公園内には、正面入口またはその真反対にあるエキストラ入口から入ります。正面入口から入ると、様々な品種の花々が咲き誇る、豪華な円形の花壇が出迎えてくれます。そこから通路に沿って水仙やヒヤシンス、ムスカリ、チューリップなど、趣向を凝らした花壇が続きます。また、ツツジが咲き始めている一方で、八重桜もまだ咲いていました。

風車付近

グラスハウスのカフェ周辺

正面入口から右手に進んでいくと、ガラスで造られたカフェが見えてきます。この前のエリアには、色の系統別にデザインされた様々な花々が咲き誇るエリアがあります。カフェの外側には、園外にあるチューリップ畑も見渡せます。

風車付近

カフェから先へ進み運河を渡ると、一際人目を惹く立派な風車が見えてきます。なんともオランダらしい風景です。ここには園内の運河を巡るボート乗り場があるため、写真スポットとしても人気で、かなり混雑しています。運河の水が流れるようにデザインされた花壇には、ピンク色の美しいツツジが見頃を迎えていました。

パビリオン

ウィリアム・アレクサンダー(Willem Alexander)

ここは公園中央にある最も大きなパビリオンです。オランダらしく運河に囲まれ、張り出したいくつものテラスには自由に座れるベンチが設置してあります。天気が変わりやすい春先では、小雨時の小休止に最適な場所です。

開園開始から間もない4月頃にここを訪れると、多種多様なチューリップが品種毎にネームタグをつけて施設内一面に展示されていますが、残念ながら今回は大半が既に刈り取られていました。もっとも、ユリや紫陽花、ガーベラ、カラーなど、チューリップ以外の花が目立つ展示も美しかったです。

オラニエ・ナッサウ(Oranje Nassau)

正面入口から直進していくと、パビリオンに到着します。ここはトルコ桔梗がメインの展示でした。他にも様々な花を使ったアレンジメントがありましたが、巨大なアマリリスの株がならぶ展示は迫力があります。

ベアトリクス(Beatrix)

ここは例年通り、蘭の展示が行われていました。胡蝶蘭を中心に様々な蘭が集められた展示は人気も高く、毎年混雑しています。

アベニューガーデン

エキストラ入口の近くには、通路に沿って色鮮やかな花壇がつくられています。ここも見頃を迎えていました。

噴水付近

噴水付近には大きな古い手回しのオルゴールがあり、美しい音色とともに前面のからくり人形が踊っています。ぜひこの裏側もご覧下さい。精巧な仕掛けがあります。この噴水の周りが、お気に入りの休憩スポットです。ここには、お土産物屋さんやトイレもあります。

池付近

池の周りには、オブジェと一緒に絵画のような花壇が広がります。この青いムスカリでつくられた川も、この公園の有名な見所の一つです。5月に入ると水仙やヒヤシンスに代わって、チューリップをメインとした花壇が楽しめました。

最後に

今回ご紹介した以外にも、オランダにおけるチューリップの歴史やチューリップバブルの解説、本公園の成り立ちに関する展示などもあります。また、子供向けのアスレチックのほか、珍しいウサギやヤギ等の動物が飼育されているエリアもあり、夫々の好みに合わせて楽しめる公園となっています。近年はミッフィーも園内にいます!

チケットは予約必須で、特に週末の早い時間は完売状態ですが、チケットのキャンセルも意外と出ているので、何度かチェックされてみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました