【ドイツ】桜開花情報 ~2021年フランクフルト

ドイツ
スポンサーリンク

桜の季節が過ぎようとしていますが、今年も桜は見事に咲き誇っていました。桜の名所は例年大混雑しますので、今年は人気の少ない早朝にひっそりと鑑賞してきました。来年こそは、満開の桜を思う存分堪能したいですね。

旧オペラ座前

フランクフルト市内で桜の名所と言えば、旧オペラ座前の八重桜が有名です。観光名所だけあって日中は桜の時期を問わず大変賑わう場所です。人気の少ないタイミングを狙って、ひっそりと鑑賞してきました。

4月中旬

4月中旬時点の桜開花状況は、まだ一部のつぼみが開花したばかりの状態です。それでも咲き始めた桜を見ると、今後が楽しみになりますね。満開までにはもうしばらくかかりそうです。

4月下旬

4月下旬となり桜の開花も大分進んだので、再び桜鑑賞に出かけてみました。満開時は混雑が予想されるので、天気が今一つの日を狙いました。

オペラハウス前に到着です。前方右側の桜ゾーンには一面のピンク色が拡がっていました。近づいてみると、期待通りに桜の開花が進んでいました。満開です!どの桜の木も、見事に咲き誇っています。本当に美しいですね。背景にオペラ座の重厚な建物があるのもまた良いですね。

本来であれば、天気の良い日にのんびりと鑑賞したいところですが、このご時世ですので、今年はこれで十分満足です。

イラク大使館前

フランクフルト市内ではあまり知られていない、穴場の桜鑑賞スポットがイラク大使館前です。桜の木の本数はそれほど多くはないですが、こちらも綺麗に咲き誇っていました。鑑賞時期は4月下旬です。

ハウプトヴァッヘ(Hauptwache)駅付近

フランクフルト市内では、Sバーン・ハウプトヴァッヘ(Frankfurt Hauptwache)駅付近にも桜鑑賞スポットがあります。駅の北側で、ベルセンプラッツ(Börsenplatz)とシラー通り(Schillerstraße)が交差する場所です。ゲーテプラッツ(Goetheplatz)北側にもあります。

4月中旬時点では、まだ一部が開花したばかりの状況でした。満開時にはここも桜鑑賞スポットの一つになります。この場所も、通常であれば大変混雑しますのでご注意下さい。

市内各所

最初の開花

今年最初の開花を見かけたのは3月初旬でした。まだ雪が降る日もあるなど厳しい寒さが続いていましたが、桜の開花で逸早く春の訪れを感じた瞬間です。

満開の桜

フランクフルト市内で満開の桜を見かけたのは3月末です。旧オペラ座前の桜は八重桜ですが、この桜は開花が早いようです。春爛漫、見事に咲き誇っていました。来年もまた楽しみにしています!

2020年についてはこちらをご参照ください(記事)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました